CE研究機構ロゴマーク

Clean Energy Research Organization
エネルギーの新しい生産供給システムで社会に貢献する。

一般社団法人CE研究機構

HOME > プロジェクツ > メニュー

戦略的ストラクチャリング

高速道路を利用したエネルギー基本計画高速道路を利用したエネルギー基本計画

01.高速道路エネルギープラットフォーム化計画

ジャパンエネルギー構想・戦略的ストラクチャリングの中核的コンセプトである。既存のインフラの潜在力を活用するという視点から高速道路をエネルギー生産、備蓄、供給のプラットフォーム化する計画

再生可能エネルギー用の小型パネル再生可能エネルギー用の小型パネル

02.再生可能エネルギー小型生産システム

高速道路の遮音壁に太陽光発電パネルを附帯させた一体型システム。
特徴として「小型」及び「機動性」というアドバンテージにより既存のインフラの稼働を制限すること無く高速道路プラットフォーム化計画を実現する。

エネルギー網の構築エネルギー網の構築

03.大規模エネルギーネットワーク構築

エネルギーのプラットフォーム化された高速道路の附帯スペースにあらゆる発電プラントを設置していき、より大規模なエネルギー基地とする。さらに、日本列島全域に張り巡らされた高速道路・エネルギー網を中心として周辺地域までエネルギーの供給ネットワークを構築する。

アジア、大洋州のエネルギー網アジア、大洋州のエネルギー網

04.アジア・大洋州エナジーネットワーク

ジャパンエネルギー構想のコンセプトをアジア・大洋州まで拡張していく。アジア・大洋州エネルギー網によりエネルギー需要弱者を根絶して、エネルギーによる紛争を解決する。